社内の情報を守る!ネットワーク監視の重要性を意識

社内からの書き込みを監視する大切さ

社内のネットワークがどの様に使われているか、細かいところまで把握している会社と、そうでない会社では問題の起きやすさに大きな違いが出てきます。会社のパソコンを使いながら、その社内の悪口を書いている社員なども珍しくないもので、そういった人間をネットワーク監視で見付ける事も可能です。社内の悪口というのは単純に他の社員の悪口が書かれているだけではなく、現在進行中の事業に関する細かい情報まで合わせて書かれている場合もあります。そういった情報流出を防ぐ為にもネットワーク監視は必要だと言えるでしょう。

セキュリティ対策を24時間体制で続ける為に

社内のパソコンからインターネットにある程度自由にアクセス出来る企業は、そのパソコンを使って社員が友人などとやり取りをしている場合もあります。その際にビデオファイルや写真ファイルなどを送信し合っている内に、かなりのネットワーク帯域を使ってしまっている事も珍しくありません。そんな社員が数人程度であれば問題は起きにくいかもしれませんが、数十人規模となれば想像以上の負担がかかってしまうのです。そんなネットワーク負荷を減らす為にも、社内のネットワーク監視は重要となってきます。

外部からのアクセスを監視していく事も重要

最新のネットワーク監視技術を使っている企業というのは、セキュリティ関連の脆弱性の新しい情報を常に手に入れています。もし新しいネットワーク攻撃が見付かった場合には、即座に対処が出来る様に監視方法を切り替えるといった対策を取り入れているのです。社内のパソコン全ての脆弱性を取り除いているだけでは、ネットワーク攻撃を防ぎ切るのは難しいからこそ、ネットワーク監視を重視しなければいけませんし、24時間体制で監視し続ける事も重要になってきます。

コンフィグ管理とは、コンフィグレーションを管理することです。コンフィグレーションとは、パソコンのOSやサーバアプリケーションの設定項目を指す言葉です。