覚えておこう!賢いレンタルサーバーの選び方

レンタルサーバーは3つある

レンタルサーバーというのは大きく分けて3種類のものが存在しており、それぞれのレンタルサーバーにより機能などが異なります。共用サーバーは個人で使ったり小規模から中規模のビジネスに使うことができますよ。また、専用サーバーは小規模から大規模のビジネス向けであり、VPSは小規模から中規模くらいのビジネスサーバーになっています。VPSはちょうど共有サーバーと専用サーバーの中間くらいの位置づけになっているのです。

どういうふうに使うのか考えよう

自分のホームページを持ちたいという時には、そんなに大きな規模のデータを使うわけではないので、共有サーバーを利用するのがいいでしょう。また、専用サーバーは1台のサーバーを自分で独占して使うタイプのものとなるので、非常に大きな規模でホームページを運営することが出来ますよ。ただし、それを扱うには専門的な知識が必要になります。そして、VPSは共有サーバーと似ているのですが、それぞれのユーザーには管理者権限があるのです。

各社のレンタルサーバーには特徴がある

レンタルサーバーはたくさん存在しており、それぞれのレンタルサーバーで特徴が違います。たとえば、ディスクの容量や利用が可能なプログラムのほかデータの転送量などが違うので、目的にあったレンタルサーバーを選ぶのがいいでしょう。また、安定性や快適さなどが違い、マルチドメインの設定できる数などにも違いがありますよ。初心者の方が選ぶのであれば、共用サーバーに絞って、条件に合うサービスの会社を選ぶといいでしょう。

レンタルサーバーは安定した運用が行えるように、料金だけでなく品質やサポートの体制も重視することが大事です。